雇用保険は、派遣社員でももらえる?

雇用保険は、派遣社員でも、もらいえるのか気になりませんか?

雇用保険の受給は、派遣社員の場合はどんな条件でもらえるかや、会社都合でも受給はできるのか紹介していきます。

 

受給されるための条件とは?

結論から申し上げると当然もらえます。

派遣社員だからこそ雇用保険に加入しておかなければならないです。

 

派遣先の都合である日、突然解雇されたり、契約解除されたりしたら、生活できなくなります。

但し、派遣会社が雇用保険に加入している場合に限ります。

 

登録型派遣労働者の場合、契約が短期間等で判断が難しいところがあります。

派遣社員の雇用保険加入の条件です。

 

 

①同じ派遣会社に31日以上引き続き雇用されることが見込まれる。

②1週間の所定労働時間が20時間以上であること。

 

 

つまり、派遣会社で31日以上雇用されるならば、どんなに派遣先が変わろうとも派遣会社が雇用保険は加入しなければなりません。

派遣先は関係なく、あくまで派遣会社が、雇用しているわけです。

 

しかし、一か月働いたからと辞めて失業保険をもらおうとしても、そうはいきません。

離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12ヶ月以上あること」などの一定の条件を満たす必要があります。

 

すなわち一年間以上、雇用されなければもらえないということです。

上記にも記載しましたが、一年間の間で派遣先は、代わってもなんら問題はありません。

 

また派遣会社が変わっても一年間以上、勤めていれば問題ありません。

一年間は最低勤めてなければ給付金は、支給されません。

 

辞めた場合は、派遣会社から離職票を発行してもらえるので、必ず「離職票及び年金手帳」を持って最寄りのハローワークに行ってください。

それで記録されているのでいずれも重要な書類、手帳になります。

 

 

失業保険の給付金の算出は、離職前、11日以上出勤した月の6ヶ月分の賃金をもとに計算されます。

収入があった分、全て給付されるわけではありません。

 

そのあたりは、年齢や勤めた年数に応じて変わってきます。

6か月前ともなれば、派遣社員の場合、結構な収入の上下があるかもしれません。

 

この辺のところも気を付けなければなりません。

最近では「働き方革命」によって、残業時間を短縮する会社も増えてきました。

 

なので、残業で収入を上げるということは、困難になっています。

もし、退職をする理由があるという場合は、ある程度計画を立ててから辞めたほうが良いですね。

 

離職したからといっても失業保険をもらうには、次の条件を満たさなければなりません。

 

 

①積極的に就職しようとする意志がある。

②いつでも就職できる能力がある。

③積極的に仕事をさがしているにも関わらず、現在職業についていないこと。

 

 

たとえば、学業などに専念するために昼間に学校に通うという場合や病気や怪我をして、すぐに就職ができない状態は給付は受け付けられません。

 

会社都合の場合はいつから支給される?

派遣社員の場合、派遣先企業の都合で解雇あるいは、契約解除される場合があります。

この場合は、自己都合ではないので直ぐに受け取ることが出来ます。

 

待機満了とか土日祝日を挟むと受け取れる日にちは、変わりますから具体的な日にちは割愛させてもらいました。

間違いやすいのが、例えば一年間勤めて一旦、3月末契約満了になり4月からも契約続行となっていても、3月末で辞めても契約満了なので直ぐに給付を受けることが出来ます。

 

失業中、給付金を受け取っている間に、就職先が本決まりになり勤める場合は、再就職手当と一定の条件を満たしたら残りの給付金の何割か振り込まれます。

この場合においても、給付金を受け取った日数等により算出方法が異なります。

 

簡単に説明すると早くつい就職をした方が、貰える金額は増えます。

 

まとめ

 

派遣社員も、雇用保険の給付は受けられます。

会社都合や自己都合でも同じく、雇用保険を受け取ることができます。

 

基本的に雇用保険給付中は、アルバイトや副業は完全禁止です。

何らかの事情があるという場合は、必ず申請をしましょう。

 

雇用保険を受給している間にアルバイトをしていたのが分かると、申告をしていない場合は罰金を支払うことになります。

たとえば、実家の商売を手伝うことで、収入を得ているという場合でも申告はしないといけません。

 

最初のコメントをしよう

必須

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)