雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

就職促進給付の再就職手当てに関して

PR
 



就職促進給付とは、失業給付金を受け取っている方が就職先が決まった場合に
就職促進給付を一定の条件を満たした人の対して支給される給付金を言います。


支給残日数など安定した職業に就職しているかなどで
以下の3つに分けられることになります。



再就職手当

就業手当

常用就職支度手当



就職促進給付の支給などを申請をする場合は期限があるので
その期限内に申請をしないと無効となりますので注意が必要です。


再就職手当について



再就職手当てなどは、失業保険の受給資格のある人で
就職先が決まった場合に勤務する前日までに失業の認定を受けた
残り日数が所定給付の3分の1あり、一定の条件のある人にのみ支給されます。


そして、支給額の計算など灰化のように計算が出来ます。



所定給付日数の支給残日数×給付率×基本手当日額


給付率は基本手当の残りの支給日数が所定給付日の3分の2以上で
「所定給付日数の支給残日数×60%×基本手当日」と計算をします。


そして、3分の1以上の場合は、「所定給付日数の支給残日数×50%×基本手当日額」と
計算をする事が出来ます。


一日の給付の基本手当ては5870円(60歳以上65歳未満は4,756円)ですが
毎年8月1日以降に変更をする事もあります。



支給される条件




待期期間の1週間が経過した後に就職した場合

離職理由によって給付制限を受けた場合

ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介からの雇用

雇用保険の被保険者になっていること

離職前と同じ会社に雇用されていない

受給資格者と言う確認を受けた日前に採用を内定した
事業主に雇用されていないこと

再就職手当支給申請の後すぐに離職していないこと




申請の手続き



再就職手当ての申請手続きは就職した日の翌日から計算をして
1ヶ月以内に「再就職手当支給申請書」と「受給資格者証」を一緒に提出します。


 



PR