雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

就職困難者は雇用保険の基本手当何日分を受け取れる?

PR
 



就職困難者と一般離職者と雇用保険の基本手当てを比較すると
受け取れる日にち分の手当てに違いが出ているようです。


就職困難者というのは以下のような人を言います。



身体障害者

知的障害者

精神障害者



雇用保険の給付金は就職困難者の場合に条件が異なります。


給付金などや条件などは以下の図1・2・3を
ご覧になっていただければ分かると思います。






就職困難者という認定をされた人は他の条件の人よりも失業給付金を
受給される日数が多いので長期間受け取れます。


就職困難者としての条件を満たしている人に関しては、45歳未満か
45歳以上かと言う年齢によってや被保険者期間などで給付金の受給日数が変わってきます。



▼45歳未満の場合
 被保険者期間6ヶ月~1年で150日、1年~で300日

▼45歳以上の場合
 被保険者期間6ヶ月~1年で150日、1~5年で300日



ハローワークでの紹介で高齢者や就職困難者を継続して雇ってくれる事業主や
1年以上にわたり雇用する事業主は賃金相当額の一部の助成をおこなっているようです。


利欲前の1年間、通産6ヶ月以上の被保険者期間が必要です。


就職困難者は、刑法の規定によって保護観察されている人などや
社会的に就職が阻害されている人などが就職困難者となります。
 

PR