雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

失業保険と所得税の関係性とは?

PR
 



雇用保険の失業給付金などは所得税の対象にはなりませんので
確定申告をする場合は失業給付の届出は不必要となります。


ですが、1年の途中で退職した場合で年末調整をしていなくても
失業期間がある場合は、その期間の社会保険の年末調整などに含まれていない場合は
確定申告をする場合に申告をする必要が出てきます。


その理由は、失業期間があれば所得が大幅に下がるので
現に支払っている所得税が返金されたり次回の年に支払う
健康保険量などや住民税を下げることが出来るからです





失業給付金だけの金額で生活をするというのも
かなり生活が厳しくなると予想されます。


なので、少しでも還元される可能性などがあるなら取り戻すことが出来る方法を
実践していただくことを強くお勧めいたします。


ですが、失業給付金だけでの生活が苦しいからと言って給付金をもらいながら
ほかでアルバイトなどをしてはいけないことになっています。


アルバイトといっても、1~3日だけのアルバイトなどといった
一時的な収入を得ようとする場合はハローワークで
事情を説明して相談をすると良いでしょう。


そういった場合は、所得を得た分給付金から差し引かれますが
継続してアルバイトをおこなった場合は、さらに給付金から差し引かれます。


1日だけのアルバイトをする場合は、アルバイトをした日から5日以内に
ハローワークに報告をしないと不正受理となるので注意が必要です。






各月に同一の会社に18日以上勤務した場合で
31日間以上勤務した場合は一般保険者と扱われます。


1日だけのアルバイトをする場合は雇用保険印紙の貼り付けをするために
「日雇労働被保険者手帳」を事業主に提出をしないといけません。



申告をしないでアルバイトをすると?




雇用保険を給付していながらアルバイトをしていることを黙認していた場合は
勤務している会社が年末調整や確定申告をした場合に税務署のチェックが入ると
そのほとんどが確実にばれてしまいますし給料の支払いの書類があると完全にアウトです。


しかし、うまくごまかせたと思っていても忘れた頃に税務署などや
ハローワークから呼び出されることもあります、


そういった場合は二度と失業給付金がもらえなくなるので
ハローワークなどに報告もしないでアルバイトを継続をするということはやめたほうが良いでしょう。


ですが、アルバイトをしているということをハローワークに報告をすれば
問題になることはないのでアルバ色をする場合はハローワークに報告をすると良いでしょう。
 


PR