雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

雇用保険に入っていない場合は離職票はどうなる?

PR
 



アルバイトで31日以上継続して勤務することが決定している場合などや
勤務時間が20時間である場合は雇用保険の被保険者の対象者となります。


1年以上の勤務であった場合は雇用保険の対象者となりますが
まれに、雇用保険をかけていない事業があったりします。


この場合のケースで、離職票を出してくれることは少ないですが
派遣社員での勤務だった場合は離職票が届かないということがあります。


このような場合は、派遣会社の担当者に電話をして離職票を送ってもらうように
話を進めていかないと離職票はいつまでも送られてこないことがあります。


しかし、次の就職先が決まっていたという場合は
離職票は送られてこないことがあります。


ハローワークに相談をしたとしても「派遣会社がすぐに就職先を紹介するだろう」と
職員に言われて1ヶ月ほど待たされることもあるので派遣ではなく正社員採用を目指し
就職活動を行うということを職員に相談をしていくことで離職票の手続きが行われる可能性もあります。


そうすると、ハローワークと派遣会社との話し合いになり
正社員の就職を希望していても、その後に派遣社員として勤務しても
誰も文句を言う人はいないといえます。


ハローワークの申請を根拠に職業に対する束縛したようなことは一切発生はしませんので
失業保険をy毛とる場合は正社員での就職を希望することを主張しておくと良いでしょう。


雇用保険にかかっているかどうかなどは、給料明細で保険料を差し引かれていれば
雇用保険に加入されていますが、差し引かれていない場合は雇用保険に加入していないと判断できます。


たとえ、派遣社員で勤務していたとしても、雇用保険の対象者なら
失業給付金を受け取ることが可能です。


雇用保険を仮にかけていないと言う場合は給付金を受け取れませんが
どうしても、受け取りたいという場合は、ハローワークを交えた一戦を覚悟しないといけないでしょう。

 

PR