雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

離職票を会社からもらうことが出来ない場合の対処と理由

PR
 



会社からもらう離職票というのは失業保険などからの
受給をする場合の手続きに必要な書類なので会社から
離職票をもらえない場合は失業保険の受給の手続きを行うことが出来ません。


ですが、条件に合わない場合に限り会社は
離職票を渡すことが出来ない場合もあります。


その理由は、退職した日よりも前の1年間の支払いの基礎の日数が
14日以上あり、しかもその月が6ヶ月以上あり失業保険に加入していた期間も
同じように6ヶ月以上なければ会社は離職票を渡すことはできません。


仮にですが、2ヶ月ほど勤務して退職した場合も権利が無いため会社は
離職票を渡すことはしません。


特定受給資格者や特定理由離職者の場合は退職前の1年間に被保険者期間が
6ヶ月ほどあったとしても受給資格を満たすことが出来ます。


中には、十分な受給資格があるという場合でも
離職票を渡さない会社もあるようです。





理由も何も無い場合で受給資格が十分にあるにもかかわらず
会社が離職票を渡さないと言う場合は、会社と良く話し合いをして
離職票を出してもらえるようにすることが一番です。


離職票は失業給付を受け取るために必要なので
そう言うことも説明しておくと良いかもしれません。


しかし、どんなに話し合いをしても会社側が離職票を出してくれない場合は
あなたが住んでいる地域を管轄しているはローワークに相談するしかないでしょう。


ハローワークで相談をしたことによって、担当者の方が会社に対して
電話で話をしてくれることで、会社が手続きを開始することもあります。


何らかの理由によって事業主が行方不明ということもありますが
こういう場合も管轄にあるハローワークに相談することで解決することもあります。


雇用保険被保険者離職票」は、会社から送られてくることが多いですが
退職後にとりにいくという場合もあるので書類はもらっておくと良いでしょう。


失業給付の手続きは以下の通りとなりますが
以下の書類は手続きする場合は忘れないようにしていただければと思います。


雇用保険被保険者離職票
本人確認、住所及び年齢を確認できる官公署の発行した写真つきのもの
(運転免許証、住民基本台帳カード(写真つき)等)
印鑑
本人名義の普通預金通帳(郵便局も含む)





PR