雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

雇用保険被保険者証と離職票の違いとは?

PR
 




雇用保険者証と離職票の違いを解説していきますが
この2つの書類は、それぞれ全く違った意味を持っています。


雇用保険者証と離職票との違いを解説していきたいと思います。



雇用保険者証とは?



雇用保険者証とは、国から雇用保険を支給してもらうための書類であり
これがないと、雇用保険の受給を開始することが出来ません。


雇用保険者証は加入すると転職などで会社が変わって
新しい番号になっても古い番号を伝える事で継続手続きをする事が出来ます。


雇用保険者証は、会社に就職した時点で会社が保管して退職するときに初めて
離職票と一緒に手渡されるものです。


当管理人の場合は、郵送できましたが会社によっては
直接手渡しではなく退職後に郵送で送ってくる場合もあるようです。


雇用保険者証の効果は退職後7年で記録が消えてしまいます。


仮に、結婚などや出産などで退職した場合で子育てから離れてから
再就職をするという場合は、あ新しい番号で雇用保険者証を発行するようになっているようです。


以下の画像の赤で書いている部分は
手渡されたときに書かれている部分です。






「雇用保険被保険者証」とは一体何なのかというのは
冒頭でも書いたとおりです。


雇用保険に加入できる条件の方が雇用保険に加入させる場合に
「雇用保険被保険者資格取得届」を会社がハローワークに提出するようです。


初めて雇用保険の加入するときなどに「雇用保険被保険者証」が発行されて
冒頭でも書きましたとおり、退職するまで会社が保管している書類を言います。


「雇用保険被保険者証」は退職時に「離職票」と一緒に渡されます。



離職票とは?



離職票というのは、簡単に解説すると退職したと言う証明の書類です。


離職票は次の会社に就職する場合には不必要なのですが
会社によっては提出をするようにと言われることもあるようです。


離職票を提出することを求められた場合は就職する前の会社に事情を説明して
退職日を記載している「退職証明書」を書いてもらって退職証明書を新しく就職した会社に
提出するという作業をおこなわないといけない場合もあるようです。






退社証明書とは、会社を退職した人が退職した会社に
請求することが出来る書類を言います。


退職証明書を請求するときは退職した会社に証明をして欲しい項目などを
任意に選択できるようになっています。

 

PR