雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

若年者トライアル雇用とは?

PR
 



若年者トライアル雇用というのは、希望する職業の経験がほとんど無い場合でも
対象となる人であれば就職が可能な制度です。


ハローワークの求人票に「若年者トライアル雇用」と表示している求人票なら
原則3ヶ月間は試用期間として雇用されるようになっています。


雇用する会社は、3ヶ月間の間に雇用する人の能力やスキルなどを見極めて
性器雇用するかしないかを決めないといけません。


平成24年4月6日から45歳未満が対象年齢となったので
就職氷河期でキャリア形成機会に恵まれることがなかった人に対し
若年者トライアル雇用が適用されます。


若年者トライアル雇用の対象となる人は以下の通りです。







若年者トライアル雇用は、希望する職業の経験が全く無くても
雇用される確立が高いというメリットがあります。


例えば、ピッキング作業者募集の求人票に「若年者トライアル雇用」と表示していれば
倉庫作業をする場合に、リフトの免許が必要なので免許を習得することが出来たうえに
経験が無くても良いということになります。


しかし、こういうケースの場合は「経験者優遇」と表示していることもあります。


若年者トライアル雇用で雇用した場合の試用期間中に
色々な技術などを覚えていただくと思いますが
3ヶ月を過ぎた時点で正規雇用になりますが本採用にはならない事もあるようです。






ですが、若年者トライアル雇用を希望する場合は、別の方が
若年者トライアル雇用を受けている場合などは希望することが出来ません。


若年者トライアル雇用にはデメリットもあり
雇用した会社が不適合と版題した場合は3ヶ月で雇用が終了となります。


短い就職歴を作ってしまうと言うデメリットもあるので
良く考えて、若年者トライアル雇用を希望する方が良いみたいです。


また、若年者トライアル雇用制度を
利用した人件費削減を狙う会社もあるようです。


PR