雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

40歳の再就職は厳しいが大逆転のチャンスも可能な理由

PR
 



間の一般常識では、40歳からの
再就職はとても厳しいと言われています。


ですが、本当に40歳からの再就職は難しいのでしょうか?


この疑問に「はい、難しいです」と即答した、あなたは
確かに、再就職は絶対に無理と言えるでしょう。


理由としては、逃げ腰の人というのは、どんなに
恵まれたチャンスがあったとしても逃してしまう可能性が特大級だからです。


企業は、確かに若い人を望んでいますが仕事が出来ない若者でも
あっさりと、解雇される時代が到来しているのです。







仕事が出来ない人や、全く仕事が出来ない人は、年齢が若くても
正社員であったとしても解雇されてしまいます。


正社員にこだわり続ける人は、確かに40歳でも就職は難しいといえます。


やる気があれば、就職をするために資格を手に入れて
面接に挑むと言う方法もあったりします。


また、40歳になるまでに経験をつんできた職業に再就職をするという場合は
即戦力となるので就職がすぐに出来る可能性が高いと言えます。


また、リフトや床上操作式クレーンの操作の経験が長い人であれば
鉄工所などでも採用される確率が高くなります。







選ぶ求人票は「経験者優遇」と言う求人票を探して窓口で紹介してもらうと良いでしょう。


40歳になるまでに経験などをつんでおくことと、色んな資格を習得しておくことが
年齢に関係なく就職が出来るコツと言えるでしょう。


確かに、年齢にこだわる企業もありますが、40歳には40歳のメリットがあるので
メリットを活かした就職活動をする事が再就職を早く出来る秘訣と言えます。

PR