雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

雇用保険の加入条件の対象年齢とは?

PR
 



雇用保険の加入条件の対象となる年齢は65歳になった時点で
加入が出来なくなりますがこういうのは「雇用保険法」によって定められていて
雇用保険法第六条に記載されています。


同一の事業主によって引き続き雇用され勤務している会社で65歳になった人や
短期雇用特例保険者の人などや日雇労働被保険者の人は被保険者となります。


65歳になった人が雇用保険のある会社に雇用されても
雇用保険は適用されることはありません。


雇用保険の加入条件は64歳までの人は加入することが出来ますが
65歳に達した人は雇用保険の加入対象の年齢にはなりません。


理由は、65歳からは年金がもらえるということで
現役の労働者としてはみなされないので雇用保険加入対象にはなりません。


65歳に達していて実際に年金を受給されていなかったとしても
雇用保険の加入はできないと言う決まりになっているみたいです。


ですが、65歳にまだなっていない場合や65歳になる前日に雇用された場合は
雇用保険の加入対象年齢となるので加入が可能になりますが
65歳になった時点で「高年齢継続被保険者」になります。


「高年齢継続被保険者」は一般の被保険者とは違い
高年齢継続被保険者の対象者は一時金として「高年齢求職者給付金」が受け取れます。





雇用保険に加入していた期間が6ヶ月以上になる人が条件となり支給され
この一時金は、一般失業手当の30日分分となっています。


また、雇用保険の加入期間が1年以上の場合は
一時金の金額が50日分となります。


高年齢求職者給付金を受給されるようになるのは
退職した日の翌日から計算し1年間で受給期間が過ぎた日以降から
給付金は受給されることはありません。


「病気やケガのためすぐに就職できない人」などや「会社の役員に就任している人」は
高年齢求職者給付金を受け取ることが出来ません。

 

PR