雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

パートの雇用保険加入条件と年齢

 PR
 



パートで働いている人の雇用保険の加入条件は31日以上引き続き
労働することが出来るというのが決定されている場合や
1週間の勤務時間が20時間だった場合など雇用保険の被保険者となります。


事業主は「雇用保険被保険者資格取得届」を事業所がある地域の管轄の
ハローワークに労働者が被保険者となった日の次の月の10日までに
提出をしないといけないことになっています。


労働者が65歳未満の場合で、1年以上の契約された期間が
決められていた場合などは雇用保険の加入条件に入ります。





本当に働いた勤務時間が20時間を越えていたにもかかわらず
書類だけ20時間未満と記入した場合は違法となりますので注意してください。


もし、雇用保険に加入していない場合であっても
2年間ほどさかのぼり雇用保険に加入することが可能です。


雇用保険は労働者を雇っている会社に関しては加入は強制となっています。


しかし、常用労働者が5人未満の個人事業主であった場合は
この、対象からはずされますので、5人未満の会社の場合は雇用保険の加入は任意となります。


雇用保険加入条件の対象者で退職後に
雇用保険の加入されていないことが判明した場合は
これも、2年ほどさかのぼり加入することが可能となります。


ですが、退職から2年を越えてしまった場合は時効という形になるので
雇用保険加入対象外となり権利が消滅してしまいます。


以下のような方は、最初から雇用保険の受給資格はありません。


理由としては、雇用保険の受給できる条件と言うのが
就職をするという意思があり勤務する能力があることが前提で
しかも、積極的に就職活動をしている人に資格があります。


病気や怪我ですぐには就職できない
妊娠・出産・育児などで就職が困難
定年で退職して休養を取っている方
家事に専念していて就職できない方


先ほども説明したとおり、退職から2年を越えてしまった場合は
雇用保険に加入する権利が消滅してしまいますので、退職後すぐに分かった時点で
2年間に限り加入が可能となるので、会社に雇用保険の加入を要求するのも良いでしょう。


中には、雇用保険加入の要求を受け入れない会社もありますので
会社の所在地を管轄にしているハローワークに相談をしてみるのも良いかもしれません。
 


企業に依存しないで生活をする方法

企業に依存しないで生活をするには
自力で稼ぐ必要があります。

しかし、今の時代に自分で会社を立ち上げるのは
無謀と考える人が多いですね。


もしくは、自力で稼ぐのは無理だと
自分で限界を決めている方もいますが
実際は、アイディア次第で自力で稼ぐことが可能です。



ネットで稼ぐ方法というのを検索すれば
結構怪しいサイトが出てきますが
「楽をして稼ぐ」とか「1週間後に100万円」とか
そういうのは絶対に詐欺なので関わらないほうが良いでしょう。

本来、ネットで稼ぐというのも楽なものではないのです。
お客さんが付くまでは、全く稼げないビジネスです。


例えば

喫茶店を経営するにしても喫茶店を建てただけでは
お客さんも、思ったよりも来ないでしょう。

また、何のメリットもなければ個性もないお店なら
余計に誰も見向きもしません。


それは、ネットで稼ぐことも同じで
人と同じことをしていれば成果は出ないのです。


ですが、ネットで稼ぐ正しい方法を学べば
短期間で成果を上げることが出来ます。

あなたが、ネットで稼ぎたいという興味をもったなら
以下の無料でネットで稼ぐ方法が学べるメルマガに
登録してみてはいかがでしょうか。

↓       ↓

2児のパパがリストラから奇跡の復活をして4000万円以上稼いだ方法 


PR