雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

契約満了とは自己都合になるの?会社都合になるの?

PR
 


契約社員の契約満了と言うのは自己都合になるのか会社都合になるのか
気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


契約社員の雇用期間が満了となった場合に
退職をした場合は自己都合となります。


どうして、契約社員の雇用期間が満了で退職をすると自己都合となるのか
それは、契約更新というのは自分の意思で継続できますので自己都合ということになります。


なので、アルバイトでも派遣社員でもパートでも条件が合うような雇用形態なら
失業保険給付金を受給することが可能となるわけです。


派遣社員や契約社員でも雇用期間に定めが無かった場合などや
1年契約や1年未満の有期契約で雇用されている場合から見ても
1年以上の契約更新をするという見込みがあるなどの場合でも給付金を受け取れます。


平成22年4月1日の雇用保険制度の改正で短時間労働保険者の人は
派遣社員の雇用保険の条件が以下の条件より31日以上の雇用の見込みがあって
1週間の定められた勤務時間が20時間以上ということです。






これは、平成22年4月1日に雇用された方だけではなくて
継続で就職をされている方であっても31日以上の雇用の見込みがあるなら
雇用保険の対象者となります。


雇用契約の期間が31日以上継続しないことが分かっている場合を除いて
契約期間が31日未満でも雇用契約を更新をする場合は31日で解雇しないで
継続で勤務をしてもらうつもりなどは更新の規定が無い場合で労働者が31日以上
勤務していたと言う実績がある場合は雇用保険が適用されます。
 

PR