雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

雇用保険の必要書類と手続きの方法

PR
 


会社を退職して雇用保険の申請をしようという場合にどのようにして
手続きをしていくのかや必要な書類などは一体どんなものが必要なのかと言うのを
事前に知っておくことで準備をしておくことが可能となります。


雇用保険の必要書類と手続きの方法などを解説していきます。


雇用保険の手続きなどは、あなたが住んでいる地域を管轄している最も近いハローワークで
申請をしていくことになります。


一番近いハローワークが住んでいる地域の管轄である場合が多いので
まずは、近くのハローワークで申請手続きを行います。


雇用保険の手続きに必要な書類は以下の通りです。

雇用保険被保険者離職票

本人確認ができるもの

写真2枚(たて3cm×よこ2.5cmの正面上半身のもの)

印鑑

本人名義の普通預金通帳(郵便局も含む)


以上の書類をハローワークへ持っていき手続きをしていきます。


どこで申請をすると良いのかというのは、ハローワークによって違うと思いますが
当管理人の場合は、ハローワーク2Fでおこないました。


当管理人は、色々と引越しをしてきたので、色んなハローワークで手続きをした経験がありますが
尼崎と神戸市の二つのハローワークの場合は全て手続きは2Fでおこないました。


通常は、うろうろとたらいまわしにされることはないですが
当管理人の場合は、引越しをしていたのでこういう結果になっただけです。


引越しをしない場合は、一つのハローワークで申請が完了します。


もし、分からない場合は受付で聞いてみると良いでしょう。


最初の手続きでは、名前や住所などを記入し必要書類を渡すだけとなりますが
色々と説明を受けたり雇用保険の説明会の日にちと時間なども説明をされます。


1回目の手続きで、雇用保険の詳しい解説している小さな本を貰うので
そこに、説明会に行く日にちなどや時間などが記載されています。


説明会の日にちまでに
本当に受給資格があるかどうかも審査されます。


1回目の手続きで手帳のほうにも記載されていると思いますが
以下のような書類を持参しないといけません。


雇用保険受給資格者のしおり

印鑑

筆記用具等


雇用保険についての制度などやどういう人が雇用保険の対象となるのかなど
詳しく説明されるのでメモなどを取ると良いかもしれませんね。


失業状態かどうかを確認をして4週間に1度失業認定をするみたいですね。


失業認定を受ける場合などは認定対象期間中2回以上求職活動をして
積極的に求職活動をしているということを示さないといけません。


自己都合の場合の退職は、退職した理由によって
基本手当ての支給が遅れることがあります。


待機期間満了3ヶ月ほど支給されないこともあるようです。


待機期間とその直後の認定対象期間まで
3回以上は求職活動を行わないと雇用保険の受給はされません。


就職が決まるまでの時間つぶし


 就職が決まるまで、アフィリエイトと呼ばれる
ブログで広告を紹介する副業をしてみてはいかがでしょうか?

怪しいと思われる方も入ると思いますが
アフィリエイトというものは、大手企業も参加しているので
全く怪しいというものではありません。


例えば

オートバックスやパソコン工房などやソフマップなどの
名のしれた大手企業も参入しています。


あなた自身は、ASPと呼ばれる
アフィリエイトサービスプロバイダーに
アフィリエイター登録をしてブログで
ASPから手に入れた広告を紹介します。

紹介した広告に経由で、誰かが何らかのサービスや商品を購入すれば
あなたの成果となります。


ただ、アフィリエイトというのは
楽をして稼げるものではありません。

アフィリエイトに参入する人は万単位いるのですが
挫折する人も万単位で存在していますから
今からアフィリエイトをしても遅いということはありません。


ただ、アフィリエイトというのは
正しい方法で正しい先生から学ばないと
飛躍的な成果を得ることが出来ないのです。

なので、以下の無料でアフィリエイトをして
成果を出していく方法が学べるメルマガに登録をして
ぜひ、正しいアフィリエイトの手法を学んでいただければと思います。

↓      ↓

2児のパパがリストラから奇跡の復活をして4000万円以上稼いだ方法 


PR