雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

雇用保険と被保険者のことについて

PR
 
雇用保険というのは、働いている人が失業をして再就職をするまでの間に
就職活動に影響を与えないように支援をしている保険事業の事です。


雇用保険というのは国が行っている保険事業のことですが
再就職をする石のある人に限り保険の給付金を受け取ることが可能になっています。


再就職をする気の無いと判断された場合は給付金は支払われることはありません。


雇用保険というのは失業保険とも言われていて
その役割と言うのは、失業の予防などや雇用状態の是正とかなど
労働環境の福祉に関係する役目もしています。


雇用保険の保険料は、個人経営の就業員4人以上の事業所の場合は
強制保険となっているので適用している事業で雇用されている場合は
保険料を支払わないといけません。


雇用保険の保険料は、会社と労働者が負担をしますが
保険料率の賃金「1000分の1」は経営者と労働者が負担をします。


被保険者にはこのような種類があります。

一般被保険者

高年齢継続被保険者

短期雇用特例被保険者

日雇労働被保険者



このように、4つの種類の被保険者がありますが
それぞれ一つ一つ説明していきたいと思います。




一般保険者


一般保険者と言うのは、週に30時間以上労働している人が対象で
そのうち20時間以上の場合は1年間に月14日以上働いていた月が
6ヶ月以上働いている場合を言います。



高年齢継続被保険者


高年齢継続被保険者というのは、65歳未満で働いている人で
雇用保険給付金を貰う時に65歳以上になっている人です。


ですが、週で決まった労働時間が30時間以上の人は
高年齢継続被保険者にはなりませんので注意してください。



短期雇用特例被保険者


短期雇用特例被保険者というのは、季節的な労働をしている方で
数ヶ月間程度の勤務をしている人を言います。




日雇労働被保険者


日雇労働被保険者というのは、30日以内の期間だけ働いた人を言いますが
以下のような労働をした人は日雇労働被保険者ではありません。


離職した月の前の月・・・19日働いた

離職した月の前々の月・・・18日働いた

PR