雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

派遣社員が失業した時の給付制限は?

PR
 



派遣社員や契約社員は、決まった会社に勤務する前に雇用契約書というものを書きますが
これは、契約書内で定められている期間まで勤務できると言う契約です。


しかし、何らかの事情で雇用期間内に更新を行わなかったりして
失業をした場合について期間満了した時の給付制限はどうなのかを説明していきます。



契約社員の場合



契約社員が契約満了で失業をした場合は失業給付制限は付きません。


雇用された期間がどれくらいの日数だったのかや
契約更新をしなかった理由などによって給付日数も変わります。


基本的に契約満了の失業の場合は「会社都合」や「自己都合」を問わず
給付制限が無い一般離職者と同じ扱いとなります。


契約更新ができる状態であった場合で何の理由も無く契約更新を断った場合は
給付制限の無い特定受給資格者になり給付日数が増えます。


ですが、契約更新3年以上の勤務をしていた場合は離職理由によって
一般離職者にはならないで「特例受給資格者」となり給付日数が増えることもあるようです。




派遣社員の場合


派遣社員での雇用の場合は、契約更新を継続するのかしないのかなど
会社側が言ったかどうかで失業給付制限が変化します。





会社側に何らかの事情で更新をしないと言う場合は
給付制限の無い一般離職者となります。


ですが、何らかの事情で自分から更新手続きをしないと言うことを
会社に伝えたと言う場合は3ヶ月間の給付制限のある一般離職者になります。


派遣社員の場合は、会社都合の場合に期間満了で
離職しても給付手続きはすぐには行えません。


そして、給付制限が無くても期間満了で離職した後に、すぐ給付手続きが出来ない理由は
雇用契約を更新している派遣社員が勤務している会社の契約が満了となっても
派遣登録をしている派遣会社との雇用関係がなくなっていないということや


登録している派遣会社は、ハローワークなどに雇用している社員が離職した場合も
次の会社を探すようにということを指導されているため契約満了で離職した1ヶ月間は
派遣会社は次の会社を探す努力をしないといけないと言う事になっているようです。


しかし、1ヶ月過ぎても次の仕事が見つからなかったときは
期間満了ということになり退職とみなされることになります。


1ヶ月過ぎても仕事が見つからない場合は
失業保険給付の手続きが出来るようになります。

 
PR