雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

家族が扶養に入っていると申請は無理!

PR
 




失業保険の延長手続きは家族の一人でも
扶養に入っていると申請することが出来ません。


妊娠や出産などや育児などの退職理由では基本的に失業給付の対象外です。





健康に働けるときから出産前に手続きを開始して準備をしておくと
対象外になる前に申請を出すことになるので受理されやすいと言えます。


出産前に失業保険の延長手続きをしてしまえば
失業保険の給付対象外の条件からはずれるので受理されやすくなると言うわけです。


出産の日が分かっている場合は失業保険の延長手続きをするのですが
あなた自身が、扶養家族の場合は失業給付金の申請は出来ません。




(1)「失業給付金の延長手続き中は夫の扶養に入れない」

(2)「失業給付金の受給中は夫の扶養に入れない」



失業保険の延長手続きをするのはハローワークに直接行っても出来ますが
忙しい場合は、郵送でも手続きは可能となっています。


受給延長申請は妊娠や出産などが予め分かっている時は
早めに申請を出すことが賢明な判断と言えます。


雇用保険は基本的に強制保険なので会社に勤めている人であれば
派遣社員でも雇用保険に加入しないといけない保険です。


しかし、派遣社員と言っても会社によっては
強制保険と言いながらも加入していない場合があり
何年働いても失業手当を受給する資格を得られないこともあります。








雇用保険というのは、会社から届出を行って雇用保険に加入することが
初めて出来ますが、加入していない場合は健康保険などや年金と同じように無保険状態となります。


公務員として雇用されている場合は、雇用保険と似た制度があるので
雇用保険には加入することが出来ません。


雇用保険に加入していない会社の場合は、退職した後の失業給付といった
雇用保険各種の給付を受給する事は出来ません


雇用保険に加入しているのかどうかなどを確認するには
給料明細を見ると雇用保険料を引かれているかどうかによって確認が出来ます。





PR