雇用保険の加入条件と対象年齢

雇用保険ナビゲーション

雇用保険とは基本的に何なの?

PR
 

雇用保険というのは、現在働いている人が失業をした場合でも
安定した生活を送れるように、失業給付金を出す公的な保険制度を雇用保険といいます。


一定人数の人を雇用している事業所は全て雇用保険に入らないといけません。


雇用している人に支払う給料の一定割合の保険料を納め
雇用している人も一部負担されるようになっています。


雇用保険の給付金は以下の2つに大きく分けられています。


失業給付

雇用保険二事業




以上の、2つに分けられていますが、失業給付の中には
以下のような手当ても含まれています。




基本手当て

就業促進手当て

教育訓練給付金

育児休業給付

介護休業給付



一般的には、失業手当は基本手当てを指す場合が多いです。


雇用保険二事業などでは、働いている人が失業していくのを予防することなどや
雇用機会の増大など労働者の能力を高める支援などをしています。


また、雇用保険二事業は雇用安定事業などの向上を目的として
能力開発事業などの社会環境を整備するための事業であり雇用調達助成金はこちらに含まれます。


2008年秋辺りから景気が悪化して派遣社員や
アルバイト・パートといった労働者にとって雇用環境が悪化しました。


しかし、派遣社員やアルバイト・パートであっても
雇用保険給付を受けやすくするため2009年3月末に法律が改正されました。


これによって、雇用見込み期間などや被保険者期間が短い場合であっても
雇用保険が適用されるようになったわけです。


適用事業で働いている場合は労働者は被保険者となりますので
保険料を支払わなければいけなくなります。


被保険者の種類は以下の通りとなります。


一般被保険者

高年齢継続被保険者

短期雇用特例被保険者

日雇労働被保険者

PR